こんにちは、茨城県古河市でホームページ作成代行とウェブ集客サポートをしているシェアリッチ株式会社の阿久津です。

今回は集客できるホームページを作るコツとして、『トップページで動画やスライドショーを多く使うとホームページの表示速度が遅くなる』というお話をします。

ホームページを見た時に、トップページに動画やスライドショーがあると、インパクトが大きかったり、見栄えがして「カッコイイ」「オシャレ」と思う人は多いと思います。

私もホームページを作り始めた頃はそうでした。

ホームページを運営する方も、見る人がオシャレ、カッコイイ、可愛いと思ってもらえるものにしたいと考えるのも自然です。

ですが、ホームページの顔(玄関)とも言えるトップページに、動画やスライドショーを使えば使うほど、ホームページが表示される時の速度が遅くなります。

ホームページの表示速度が遅いと何がダメか?

ホームページの表示速度が遅いとダメな主な理由を見てみましょう。

表示速度が遅い場合の主なデメリット

 

  • 見る人がストレスに感じる
  • 検索順位が下がる

ホームページを運営する上で、どちらも致命的とも言えるデメリットと言えます。

詳しく見てみましょう。

見る人がストレスを感じる

表示速度が遅いと、ホームページを見る人がストレスを感じると言われています。

あなたがあるホームページを見つけて開いたら、表示されるまでに時間がかかって「遅いな、まだかな」と感じたことはありませんか?

私も表示速度が遅いとストレスに感じて、閉じてしまったり、他のホームページを探したりします。

実際に、表示速度が遅い場合に、どれくらいの悪影響があるかを調べたデータがあります。

例えば、ホームページが正しく表示される(画像などの読み込みが終わる)までの速度が1秒だったとします。

そこで、トップページに動画やスライドショーを入れた場合に表示速度が下がった場合の影響がこちらです。

1秒から3秒に低下→見る人がホームページを去る割合が約30%増加

1秒から5秒に低下→見る人がホームページを去る割合が約90%増加

1秒から6秒に低下→見る人がホームページを去る割合が約100%増加

つまり、表示される速度が6秒遅くなると、100%近くの人があなたのホームページを見るのをやめてしまうということになります。

せっかく良い内容のホームページでも、表示速度が遅いために、魅力が伝わる前に見る人がホームページを去ってしまうは非常にもったいないですよね。

もちろん、名の知れた大企業など有名なホームページでは、見る人も正しく表示されるまで待ってくれるかもしれません。

しかし、まだ世間にあまり認知されていないホームページでは、表示速度が遅いというのは死活問題です。

検索順位が下がる

見る人がストレスを感じて、ホームページを去ってしまうと、自然と検索順位が下がってしまうことになります。

検索順位を決めているグーグルは、それぞれのホームページの価値を決める様々なデータを集めています。

その中でも、ホームページを見る人が去ってしまう割合(直帰率)と、ホームページを見ている時間の長さ(滞在時間)を検索順位のひとつの目安としています。

表示速度が遅く、ホームページを去ってしまう人が多いと、グーグルからの評価が下がって、結果的に検索順位も下がるということに繋がります。

検索順位が下がってしまうと、当然あなたのホームページを見てもらえる機会が減ってしまいます。

ですから、定期的にホームページの表示速度がどれくらいか知っておく必要があるのです。

ホームページの表示速度の調べ方

表示速度を調べるのにおすすめなのが、Googleが提供している「Google PageSpeed Insights」です。

上の赤枠のところに、調べたいURLを入力して「分析」をクリックすると、表示速度についての様々な結果が分かります。

ちなみに、表示速度の基準はこちらです。

速度(0~100)内容
0~49遅い(改善すべき
50~89普通(改善の余地あり)
90~100速い(問題なし)

少なくとも表示速度が普通である「50以上」はキープしたいところです。

例として、動画を多く使っているホームページの表示速度を見てみましょう。

動画を多用しているホームページの表示速度の例

Google PageSpeed Insightsでは、パソコンでホームページを見た時と、モバイル(携帯電話)で見た時の表示速度が分かります。

一般的に、モバイルの方が数字が低くなる傾向です。

ただ、今はスマホで検索する人が多いので、モバイルでの表示速度が遅いのはかなり問題と言えます。

まずはパソコンでの表示速度がこちら。

パソコンで40

パソコンでの表示速度は「40」と遅いという判定でした。やはり動画をトップページで多く使うと、遅くなってしまうのが分かります。

次にモバイルを見てみましょう。

モバイルは危険水域の10

なんと、モバイルでの表示速度は「10」で、かなり遅いという判定でした。

今回例に挙げたホームページは、知名度のある会社のものでしたので、このくらい遅くても大きな問題にならないかもしれません。

しかし、知名度のない会社やお店のホームページで、今回のように「遅い」という結果が出たら、知名度が上がるまではトップページで動画などを使うのは控えた方が良いと言えます。

まとめ

今回は、トップページに動画やスライドショーを入れると、ホームページの表示速度が遅くなるというお話をしてきました。

ホームページを初めて作る人にとっては、トップページに目立つ動画やスライドショーがあるのは魅力的に思うかもしれません。

しかし、ホームページにアクセスが集まるようになるまでは、動画などで派手さを求めるのではなく、記事の内容で勝負した方が良いと言えます。

表示速度の大切さは意外と知らない人が多いので、これからホームページを作る人、すでにホームページを持っている人は気をつけてくださいね。